FXトレード診断

FXトレード診断は今のトレードが上手く行っていない方の為の

チェックリストです。

10問ありますが是非お試しください。

問題の下に解説もありますので参考にしてみてください。

 

YES/NOでお答えください

 

このチェックリストでYESの項目を改善する必要があります。

【01 損切されると手法を変える】

損切されたり失敗する度にトレード手法を変えていくと 負けている本当の原因は何なのか?

戦略を改善する事が非常に難しくなると思います。

また損失が出て手法を変えるという事は自信が無い手法でトレードをしている事になります。

しっかり自身の持てる手法やトレードルールが確立するまではデモトレードをする事をお勧めします。

 

【02 経済指標は「気にしない】

どんなに優れたテクニカル手法を持っていても大きく動く経済指標の時には全く通用しません。

損切を入れてあれば大丈夫かというと それでもダメです。

大きく動く時は20pipsに損切を入れてあっても50pipsや100pipsの損失になる可能性もあります。

羊飼いのブログhttps://kissfx.com/

等でしっかりチェックをしておきましょう。

 

【03 トレード戦略はない】

戦略がないまま思い付きのトレードをしてしまうと

買っても負けても 後々のトレードに生かす方法が全く持てなくなってしまいます。

また計画が無い為 損切も不明確になりがちで 大きな損失を生む可能性があります。

 

【04 トレード記録は付けていない】

トレード記録は トレード毎の勝敗やエントリー時間 通貨ペアだけでなく そのトレードの時に

考えたり思ったことを記録していく事も 今後のトレードに生きてきます。

必ずトレード記録をつけておきたいですね。

 

【05 信頼できるFXコーチがいない】

FXだけでなく 成長していく過程で客観的にアドバイスをしてくれるコーチがいる事はとても重要です。

自分では分からない所を改善してくれたり 人それぞれの生活パターンや個性も考慮して

修正点を明確にしてくれる、信頼できるコーチを見つける事が成長の一番の近道になります。

 

【06 エントリー時に損切は入れない】

安定的にFXで勝っていく為には 想定内の負けを受け入れる事も重要です。

戦略をたててトレードした結果の損切であれば 資産を守りながらお金を増やしていく為の損切は

マイナス的な要素には結果としてならないです。

相場は急変する事もありますので 大切な資産を守る為にも必ずエントリー時に損切は入れておきましょう。

 

【07 ナンピンする事がある】

戦略をたてた損切位置を超えてしまったという事はその時点で次のトレードをする為には

再度戦略を立てる事が求められます。

ナンピンというのは03のトレード戦略が無いトレードをしているのと同じで 非常に危険です。

巨額の損失を抱えてしまった方の大半は ナンピンを繰り返した事によるものです。

 

【08 プラスになるとすぐに決済する】

1回1回のトレード結果に拘りすぎて 目の前の利益に心を奪われてしまう。

この様な事はFXをやる上で逆に大きな損失です。

持っていればもっと大きく伸ばせたのに・・・という事もよくある話です。

 

損切はしたくないけどプラスはすぐに決済する。これはFXの本質である損小利大にはならず

資金は確実に減ってしまいます。

利確のルールを明確にしていない場合に起こる事なので 利確のルールもしっかり決めて

トレードしていきましょう。

 

【09 損切されそうになると注文変更する】

これは一度でもやってしまうと癖になっていつもこの様にやってしまう事が多いです。

損失も取り返しがつかないほどに膨れ上がってしまう可能性も高いです。

戦略通りの損切はその後の口座残高はビクともしません。

戦略と違う方向に相場が動いたら予定通り損切をしましょう。

 

【10 FXは空いた時間にやる】

FXはお金を稼ぐ為のものなのでビジネスです。

トレード時間をしっかり決めて取り組む必要があります。

仕事をされている方でしたら NY時間の21時~23時の1時間ピッチは最低限チェックしていく事も

安定した収支を上げる上でとても重要です。

テレビや趣味の時間の後にFXがきて思い付きでトレードしない様に

チャートチェックをする時間は必ず決めましょう。

 

お問合せメール:turningpoint5678@gmail.com

ホームページ:https://turningpoint5678.com/

 

 

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

応援ポチもよろしくお願いします。

DMM 本口座開設はこちらから。

スプレッドも低くスリップもほとんどしないのでお勧めです。