MT4基本的な使い方

 

今回はMT4の基本的な操作方法についてです。

①MT4画面構成

①メニューバー:②~⑥の表示・非表示の切り替えや新規チャートを出す際ここから操作を行います。
②ツールバー:時間足の切り替えやライン等を引く際ここで操作します。ここはとても良く使います。
③データウィンドウ:ここはあまり使いませんので通常は閉じておいていいでしょう。
④チャート画面
⑤ターミナルウィンドウ:取引状況やアラートのセットはここから行います。
④ステータスウィンドウ:通信状態の確認など

MT4の画面構成と各部の名称です。③のデータウィンドウや⑤のターミナルは使う時のみ開き

通常は④のチャート画面を大きく表示した方が使いやすいです。

②メニューバー ファイルの使い方

主に①~⑤の5項目が良く使う物になります。
①:新規チャート:ここで新しい通貨ペアを選択し表示します。
②チャートの組表示:ここはトレード履歴を書くページを作ったり、必要に応じてページを増やす事ができます。とても便利です。
③名前を付けて保存:高値・安値等のデータをエクセルデータとして開く事ができます。ボラ等のチェックに便利です。
④データフォルダを開く:インジケータを入れる際ここを開いて保存します。
⑤チャート印刷時に使う印刷ボタン

③メニューバー 表示の使い方

見出し3の文章をここに入力してください。

④メニューバー 挿入の使い方

挿入ではインディケータをチャート画面に表示する際に使います。

⑤メニューバー チャートの使い方

表示中のインディケータから編集を行う際に使う程度です。

⑥ツールバー 上段の使い方

ここでは主に①~④の項目を使用します。

⑦ツールバー 下段の使い方

ここが一番良く使う場所になります。

⑧チャート画面で良く使う機能(pips測定 マグネットモード編集)

pips測定の方法と トレンドラインのマグネットモードの編集方法です。

【マグネットモード編集】

・マグネットモードの編集:ツール→オプション→ライン等の設定→マウス感度の調整でできます。
 トレンドラインがロウソク足のヒゲに吸い付くこの機能。邪魔な場合は感度をゼロにするといいです。

【pips測定】

・十字キーを測定開始場所で左クリック→測定終了場所まで左クリックしたままマウスを移動
①42の表示:測定したロウソク足の本数 ②pips 1056は105.6pipsになります。 ③1.159・・・測定終了場所のレート
※十字キーは Ctrl+Fがショートカットキーなので 連続測定する時は便利です。

⑨その他 チャートの音の消し方 スマホとの連携

MT4を開いた時の音の消し方と スマホとの連携方法です

・MT4を開けた時の音を消したい・・ツール→オプション→音声設定→チェックボックスを外す。
これで音を消すことができます。

・スマホ連携:appストアやgoogleプレイからMT4アプリをダウンロードし
 ツール→オプション→通知機能で上記写真の様に進みスマホと連携させます。

⑩ターミナルウィンドウ アラート設定の使い方

ターミナルウィンドウのアラーム設置の上の画面上で右クリックして作成を押す。

後は画面の様に①~⑧の項目を操作すれば終了です。

 

お問合せメール:turningpoint5678@gmail.com

ホームページ:https://turningpoint5678.com/

 

 

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

応援ポチもよろしくお願いします。